利便性について

北新地にある花屋は駅から近いので利便性がよく、たくさん花屋があるのでお気に入りの花屋を探しましょう。スタンドやディスプレイ、花束を作ってくれる店も多いです。予算の中でキレイで豪華に飾ってくれます。

詳細を確認する...

個人に合わせたお返し

親類がなくなりました

私には年の離れた伯母がいるのですが、最近病気でなくなってしまいました。とても中の良かった伯母さんなのでとても悲しみました。その伯母さんには子供がいなかったとのことで私の一家が葬式などを行うことになったのですが、母と父だけに負担をさせるわけにはいかないので私は香典返しについてを担当しました。香典返しというのは香典を頂いた方にお返しとして何か品物を送るというものですが、一般的にはお茶や干ししいたけなどといった、日持ちがするけれども、使ってしまえばなくなるものが好まれます。いつまでも残るものを香典返しとして使ってはいけません。というのも人が死ぬというのは縁起のいいものではなく、もらったものもすぐに無くなったほうがいいからです。

香典返しには苦労しました

私が香典返しの物を選ぶ事になったのですが苦労しました。というのも私も何度か香典返しを頂いた事がありますがあまり日常的なものではないからです。たとえばお茶でも、お茶を飲まないから急須がないという家も多いと思います。それに干ししいたけなども料理をあまりしない若い家庭向けではないと思います。使い方が分からないし、捨ててしまうということもあるかとおもったからです。伯母さんは顔が広く老若男女から香典をもらったために、従来のものではいけないとおもったのです。 そこで私はカタログギフトを送りました。これなら香典をくれた方が一番欲しいものを選んでいただけるとおもったからです。 香典返しというのは色々なものがありますが、私はカタログギフトにしてよかったとおもいます。

半返しが一般的

香典返しに商品を選択する際は、頂いた香典の費用に合った品を選択するようにしましょう。一般的には、香典の半額分の費用の商品となっています。この考えのことを、半返しとなります。

詳細を確認する...

形に残さない

感謝の気持ちを示すとは言っても、葬儀はおめでたいイベントではありません。このことから、香典返しには形に残らないようなものを選択することが一般的なマナーとなっています。

詳細を確認する...